話題になっているニュースを配信しています。掲載しているものは全てメディアやSNSでシェアOK!

ジョアンナ・ベイリーとは?どこよりも分かり易く解説!

ジョアンナ・ベイリーって誰??? サクっと解説!!
2018/09/11 UPDATE
 
2,960 views

スポンサードリンク

  • ジョアンナ・ベイリーさんって誰?

  • ジョアンナ・ベイリーさんはスコットランドの詩人であり劇作家です。

    彼女の執筆は道徳的な哲学とゴシックと呼ばれる、今でいうフィクションやホラーやロマンスなどを組み合わせた作品を書いていました。

    当時の作品としては過激な部分もあり、批判もありました。

    しかしジョアンナ・ベイリーは自分の信じたものを執筆し、次第に認められて行ったようです。

    小さい頃に父を亡くしており市川とても貧しかった。

    彼女自身の人生そのものが作品になるなど波乱万丈な人生を送ったようです。
  • ジョアンナ・ベイリーの名言

  • 女は銀行できちんとした人と思われ、食事に遅れない男が好き
  • 出典: i0.wp.com
  • 出典: i0.wp.com
  • 女性の好みは昔も今も変わっていませんねww
  • ジョアンナ・ベイリーをもっと詳しく解説!

  • 1762年に生まれたジョアンナ。

    スコットランドで生まれ育り、生涯にわたってシェイクスピアと比較されるほどになりました。

    多くの場合、常に最高の女性詩人の一人として賞賛されています。

    彼女の最初の詩「冬の日」は、彼女のネイティブスコットランドの自然の美しさを呼び起こしました。

    彼女のコテージはロンドン外にあり、ウィリアム・ワーズワース、レディー、バイロン卿など、彼女の時代の英国の重要な作家の多くと友好的な関係を維持していた文学の舞台の拠点でした。


    1798年の「パッション・オン・ザ・パッション」の「入門講話」 では、ベリーは英語のロマン主義として知られるようになった。

    彼女は野心的な3部構成のプロジェクト、愛と憎しみと嫉妬に関する一連の喜劇と悲劇に14年間働きました。

    「強く固定された情熱の支配下で人間の心を明らかにする」と述べられた目標を持ちました。

    今日の落書きは、 Ethwald、De Montfort、The Tryal、Basil、Orraの最優秀作品「Plays on the Passions」を発表しました。

    最初は匿名で出版され、ベイリーの演劇は読者が著者のアイデンティティを推測しようとしたときのロンドンの話でした。

    彼女の明白な才能にもかかわらず、彼女はまったく公表したくなかった。

    「私の兄弟が小さな詩を出版しなければならないという強い希望を表明したのではないか?」と書簡で書いている。

    彼女の演劇(強烈な女性キャラクターを特集した心理ドラマ)は、単純に読むのではなく、ステージ上の俳優によって演じられることが決定された。

    彼女は1804年のコレクション「雑多な演劇」の序文に書いています。

    「いくつかの作品は私たちのキャンバスの劇場や納屋でさえも引き続き行動するチャンスがあるかもしれません。 "


    ベイリーの文学的伝承は彼女の慈善事業によってのみ匹敵する。

    裕福なスコットランドの家庭に生まれたが、彼女の母親は、彼女の父親の突然の死に続く困難な時を見た。

    裕福な叔父の遺産が彼女を助け、妹は彼女が住んでいたコテージを購入し、ほとんどの人生で働いたが、幸いにも忘れられず、慈善団体への手紙の収入の半分を寄付したことはなかった。

    彼女は煙突の掃除を支援するエッセイを書いて、女性作家や自分自身で提供するのに苦労している他の作家のために提唱しました。
  • 出典: i0.wp.com

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連する記事

スポンサードリンク

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

スポンサードリンク