話題になっているニュースを配信しています。掲載しているものは全てメディアやSNSでシェアOK!

横浜市の大口病院で点滴に消毒を混入した犯人、久保木愛弓を逮捕。犯行の動機がヤバ過ぎる!

2016年に神奈川県、横浜市にある大口病院での点滴への異物混入事件。看護師の犯人を逮捕。
2018/07/09 UPDATE
 
18 views

スポンサードリンク

  • 横浜市大口病院の看護師を逮捕

  • 2016年に発生した大口病院内での異物混入事件。

    点滴に滅菌剤である消毒液を混入し入院していた患者を殺害した罪で、同病院に勤務していた看護師、久保木愛弓(くぼきあゆみ)容疑者を逮捕。

    現在は病院を辞めており、無職でしたが捜査を行った結果、裏付ける証拠が見つかり逮捕につながった。

  • 大口病院の事件の詳細

  • 事件は2016年の9月、横浜の大口病院で起きました。

    当時、命に別条のなかった患者が次々に容態が急変し死亡している。
    いずれも中毒死しており、口からは泡を噴いていたという。

    点滴内のゴム栓部分に注射を刺した痕跡があったことから、何者かが異物を混入したとして捜査。

    特に知識のある、院内の関係者ではないかと世間でも騒がれていました。


    今回の逮捕では被害者の1名に関する逮捕ですが、同様に死亡した残り2名に関しても関与しているとみて調査しています。
  • 20人以上殺害か

  • 大口病院では謎の不審死が50名ほどに及ぶという。

    久保木容疑者の供述では
    「20名以上は殺した」と話しており、他にも関連があるとみている。

    捜査が行われるまでの不審死をした患者さんの証拠などは残念ながら捜査することが出来ません。
    久保木容疑者の供述から推測するしかないようです。
  • 久保木愛弓容疑者の動機

  • 久保木愛弓容疑者は犯行の動機に対して
  • 「容体の急変を見るのが嫌で、自分がいないうちに死んでほしかった」
  • 「家族への説明も面倒で、苦手だった」
  • などと供述しているという。

    とても身勝手な犯行で、人の命を救う看護師とは思えませんね。
  • 逮捕までの捜査の流れ

  • 2016年の9月から逮捕まで約2年の月日が流れています。

    警察も知識があり、病院の関係者ではないかという点までは付き止めていたものの看護師が日常的に頻繁に触る証拠の物ばかりだった為、犯人を特定するまでに時間がかかったようです。

  • Twitterでの反応がコチラ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連する記事

スポンサードリンク

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

スポンサードリンク