乃木坂46がレコード大賞受賞が内定に指原が激怒

日本レコード大賞の受賞に関しては昨年からLDHとバーニングプロモーション社の裏工作などが取り上げられました。 今年は乃木坂46がレコード大賞を取るという話が出回っているという。
2017/11/25 UPDATE
 
19 views
  • 乃木坂46のレコード大賞受賞は確定している?

  • 日本レコード大賞と言えばバーニングプロダクション・周防郁雄社長がほぼの確定権限を持ち、昨年週刊文春が告発したようにEXILEのLDH社が日本レコード大賞受賞の広告費として1億円を支払っている明細などが明るみになりました。

    もう今となっては大賞を受賞すると裏で何かやっているんでは?と思われる「いわくつきの賞」と化しています。


    しかし、アーティストとしてはレコード大賞というのは絶対に欲しい賞。
    過去の有名アーティストと肩を並べられるという名誉は何がなんでもほしいのでしょうね。


    一部のメディアでは受賞するのは誰だか決まっていると噂です。
    2017年の日本レコード大賞の受賞者は乃木坂46で確定。

    インフルエンサーはヒットしている代表作ですし、若い子からの支持が厚い。
    音楽業界を次に支えていくのは10代~20代ですから人気のアーティストを受賞させるという裏付けさえあります。

    この乃木坂の受賞に待ったをかけたのが指原莉乃でした。
  • 後輩グループには負けられないAKB

  • 渡辺麻友が今年で卒業し、AKBとしては絶対的なスターは指原莉乃しかいないという実情になってきている。

    グループ全体で考えると世代交代が始まりつつあり、それは言い換えるとAKBの衰退でもある。

    指原は何としてでも乃木坂46に大賞を取られる訳にはいかないと考えているようです。


    AKB48は「願いごとの持ち腐れ」で出演することが決まっている。


    そこでグループの中でも権力のある指原はテレビ出演などの際に日本レコード大賞に関わりのある関係者(所属レコード会社やテレビ局関係者、総合プロデューサー・秋元康氏)にAKBへの受賞を懇願しているようです。
  • 「基本的にAKB48グループや坂道シリーズは、賞レースへの参加に消極的で、カネや権力を使ってまで受賞を狙うことはありません。かつて幹部だったK氏が、その豪腕で、AKBを『レコ大』や『NHK紅白歌合戦』に食い込ませたこともありましたが、現在は『受賞させていただけるのなら』というスタンスを徹底しています」

    「AKBの古参メンバー、こと指原が坂道シリーズを敵視しているのは、関係者なら誰もが知る話。本人の前でそのグループ名を口にするだけで、途端に不機嫌になってしまうほどです。いまや指原の発言力は全グループの中でも突出しており、幹部級のスタッフでさえ、黙って従っているケースが散見されるほどです。ただ、ここまで強引な行動を続けていれば、いずれは周防社長にも目をつけられてしまうのではと、周囲はヒヤヒヤしていますよ」
  • 昨年のレコード大賞の買収疑惑が発覚して以来、完全に信頼を失くしてしまった「レコ大」ですが、グループ争いも過熱していけば視聴者からも面白いと思われ関心も取り戻せれるかもしれません。

  • テレビ局からは特別扱いの乃木坂46

  • 以前は色々なグループが立ち上がろうとAKBだけは絶対で、どんな状態になってもAKBを頂点に君臨させるというのが秋元康の考えだったそうです。

    しかし、今ではAKBのメンバーが次々に脱退するという事態。

    特別な話題性も欠けつつあり、バラエティーで活躍するようになったメンバーたち。


    今では「音楽グループ」として活躍するのは乃木坂や欅坂であり、次にグループをになるのは乃木坂だと業界の関係者も薄々感じているようです。

    夏に放送されている音楽の大型番組『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』ではAKBよりも途中何度もカメラが映したのは乃木坂だった。

    視聴率が上がるのも乃木坂だから仕方ないのかもしれませんね。

    年末にかけて紅白やレコード大賞んどの長寿番組は視聴者の年齢層も違いますので、今までにヒットした「ヘビーローテーション」や「恋するフォーチュンクッキー」などで対抗するかもしれません。


    この争いこそが音楽業界の復活の兆しなのかもしれません。
  • 乃木坂46「インフルエンサー」のミュージックビデオ

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード