話題になっているニュースを配信しています。掲載しているものは全てメディアやSNSでOK!

ホームヘルパーの男性が寝たきりの10代少女にわいせつ行為をしていたのを隠しカメラで判明し逮捕

ホームヘルパーの男性がわいせつ行為をねたきりの女性に行い、逮捕
2018/07/15 UPDATE
 
153 views

スポンサードリンク

  • ホームヘルパーがわいせつ行為を行い逮捕

  • 投稿と江東区で63歳の男性が10代の少女にわいせつ行為を行ったとして逮捕されました。

    この男性は10年以上、この被害者女性の介護を行うホームヘルパーとして自宅に通っていました。

    少女は寝たきりの状態で、犯人の西山和貴容疑者は介助を行う名目で体を触るなどした疑いがもたれている。

    なんと、わいせつ行為を見つけたのは被害者少女の父親でした。
  • 出典: chipipi.info
  • 隠しカメラでわいせつ行為の動画を撮影し発覚

  • 少女の父親は日頃から西山容疑者に対して不信感があったという事です。

    確証を得る為に部屋にカメラを設置し撮影したところ、西山容疑者が少女の胸などをもんだり、キスをする様子などが映っていたという。

    このことに対し西山容疑者は「胸の下の筋肉をほぐす行為として行った」とわいせつ行為に対して容疑を否認している。

  • 繰り返される要介護者へのわいせつ行為

  • このような事件は昔から繰り返されています。

    介護施設ではわいせつ行為だけでなく、虐待行為なども度々発覚し、その都度問題としてニュース番組などで取り上げられています。

    しかし事件は繰り返され、被害者は後を絶ちません。


    わいせつ行為や虐待行為を撲滅させるためには色々な改善点が考えられますが、1人の要介護者に対して複数人体制での介護を行うなどをすることで確実に減らすことが出来ます。

    また、女性に対しては女性のヘルパーへの依頼を行うなどすることで未然に予防になります。

    しかし同棲へのわいせつ行為などはやはり複数人で監視するのが一番なのかもしれません。
  • このような卑劣な事件が少しでもなくなるように行政が動いてくれることを期待しています。
  • わいせつ事件へのSNSでの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連する記事

スポンサードリンク

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

スポンサードリンク