話題になっているニュースを配信しています。掲載しているものは全てメディアやSNSでOK!

盗撮ブラックハンターの手口がヤバ過ぎる!逮捕された犯人がこちら

あの盗撮ブラックハンターが逮捕されました。5人組で編成されており、いずれも容疑を否認しているとのことです。
2018/07/11 UPDATE
 
8 views

スポンサードリンク

  • 盗撮ブラックハンターの5人が逮捕される

  • 女性を痴漢していた男性を見つけて現金を脅し取るという恐喝を繰り返していた5人組が逮捕されました。

    5人は盗撮ブラックハンターと呼ばれており、このうち身元が判明しているのは下里優容疑者(29)と渡邊涼太容疑者(28)です。

    逮捕容疑は、2018年4月に千葉県内の駅で女性を盗撮していた男性を見つけ、現金100万円を脅し取ったとされています。

    脅し文句として「俺の彼女を盗撮した」「警察に通報する」などと言っていたそうです。

  • 過去にも数十人の盗撮犯から現金を脅し取っていた

  • 容疑者らは別の恐喝容疑でも捜査を進められており、携帯電話に盗撮犯が謝罪をしている動画が見つかりました。

    その数は30人にものぼるとされ、常習的に犯行に及んでいたとされています。

    容疑に対して2人は認めていますが、3人は否認しているとのことです。
  • 劇団型盗撮ブラックハンター

  • 容疑者らの正式名称(?)は劇団型盗撮ブラックハンターと呼ばれており、盗撮の被害を受けた女性の身内を演じ、示談の仲介をするなどと言って現金を脅し取る手法を繰り返していました。

    1人が盗撮犯と接触し、別のメンバーが女性の身内を演じて電話で「示談金を払え」と催促していました。

    示談金の相場などもふっかけており、「相場は50万から100万。2人盗撮したから150万ぐらいが妥当」などと金額の指定なども行っていたとみられています。
  • ツイッターでの反応

  • 犯罪に犯罪で対応するブラックな存在

  • 出典: matomake.com
  • 盗撮はもちろん犯罪であり、見つけた場合は即警察に通報するべきですが、犯罪心理としては犯行に及んでいる人の心理につけ込んで、あたかも制裁を受けるのかと思いこませることにより、スムーズに犯行を行っていると思います。

    盗撮犯としては、見つかってしまえばカメラなのにデータが残っているので言い逃れはできません。

    さらに、電話で被害女性の身内を名乗られ、警察に通報しない代わりに示談金を払えと言われればほとんどのケースでは犯行が成立してしまうでしょう。

    被害者(盗撮犯)も、警察に通報されなくてよかったと思うわけですから、事件が表に出ることもなく捜査が困難になっていたと思います。

    ある意味、犯罪を利用した犯罪としてこの上ない卑劣な行動だと言えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連する記事

スポンサードリンク

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

スポンサードリンク