話題になっているニュースを配信しています。掲載しているものは全てメディアやSNSでOK!

ジャニーズJr.の黄金期に活動していた彼らの現在!

『ジャニーズJr.の黄金期』と呼ばれた1998年前後に活躍し、現在は事務所を退所してしまった、元ジュニアたちは、現在どうしているのでしょうか? 現在の姿もお届けします!
2018/05/11 UPDATE
 
916 views

スポンサードリンク

  • ジャニーズJr.の黄金期

  • ジュニアだけでテレビ番組を持ち、CDを出したりコンサートを開催、さらにはドラマやCM、音楽番組に出演など、デビュー前にも関わらず大活躍していた、1998年前後のジャニーズJr.また、その時代を『ジュニアの黄金期』と呼んでいます。

    この黄金期に活躍していたジャニーズJr.には、滝沢秀明・今井翼・嵐・関ジャニ∞・生田斗真などなど、現在も大人気のメンバーが多数います。
    デビュー前にも関わらず、先輩アイドルに引けを取らない程の大人気でした。


  • 黄金期を支えた“主力メンバー”

  • 小原裕貴

  • “一番美形なJr.”部門で1995年から5年連続1位、“恋人にしたいJr.”部門を1996年・1997年連続で1位に選ばれた人気メンバーで、今では『伝説のジャニーズJr.』と呼ばれています。

    2000年にジャニーズ事務所を退社、芸能界も引退しています。
    引退前に行われた、ジュニアの東京ドーム公演では、ジャニーズ事務所としては“異例”と言える卒業セレモニーが行われています。

    引退後は、大手広告代理店「博報堂」に勤務、結婚しているとの噂も出ています。
    一部でお相手は、元eggの読者モデルで同じく博報堂に勤務していた方ではないかとされているようです。

    そして、2017年7月に放送された特別ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』では、17年ぶりに一夜限りの芸能界復帰を果たし、『全然変わってない!』『懐かしい!!』と反響を呼び、トレンドワードにランクインするほどの話題となりました。



  • 高橋直気

  • ジュニアの中でも、人気の高かったメンバーですが、1998年に事務所を退所しています。

    退所理由は、16歳で喫煙写真を撮られた事、振付の先生に悪態をついたりと、日頃から様々な素行不良が問題視されていた為とされていますが、本当の理由はSPEED・島袋寛子とのスキャンダル。
    “SPEEDを解散に追い込んだ人物”として芸能界を追われてしまったと言われています。
    (島袋は、高橋と別れるくらいならSPEEDを辞めると宣言し、解散したと言われます。)

    退所後、しばらく消息不明でしたが、2009年に突如ブログを開始し、芸能活動を再開したことをファンに報告、現在は、バンド『Vince niu Habit(ヴィンスニューハヴィット)』のボーカルとしてライブを中心に音楽活動をしています。

  • 出典: s.eximg.jp
  • 大坂俊介

  • 1994年12歳(小学6年)の時、ジャニーズ事務所に入所、嵐・大野智と同期。
    嵐・松潤とポジション争いをしたほどの人気でした。

    1999年、人気主力メンバー3人(浜田・尾身・穴沢)と共に、週刊誌に飲酒・喫煙している現場写真が掲載され、当時16歳だったことで、ジャニーズ事務所からペナルティを受け懲戒解雇となりました。
    突然の人気メンバー4人全員の解雇に、新聞各社・メディアが報道、ファンからは解雇処分を取り消すように署名運動が起こりました。

    退社後は、ソロ活動や、ダンスユニットで活動、一時期は芸能プロダクション7teenグループに所属、看板俳優に転身した時期もありましたが、持病の椎間板ヘルニア悪化で2010年頃に引退を決意したようで、表舞台から姿を消しました。
    その後、2012年まで、新大久保の行きつけだった『いりおのら』という韓国料理店で勤務していたようです。

    現在は、周囲からは未だに復帰を勧められることもあるそうですが、芸能に復帰する予定も無く、表に出ることも希望していないそうで、芸能界復帰は全く考えていないとのことです。

  • 出典: s.eximg.jp
  • 浜田一男(現・浅倉一男)

  • ジュニアのムードメーカーであり、滝沢秀明とも大の仲良し、並んでトップクラスの人気を誇っていましたが、1999年16歳の時に前述の週刊誌報道により、懲戒解雇でジャニーズ事務所を退社した一人です。

    実は、彼が退所していなければ現在の『嵐』と『タッキー&翼』は存在していないと言われています。
    『新たなグループの形としてデビューをさせる予定だった』とデビュー目前であったことを、のちに本人が語っています。

    退社後は、高校も中退、しばらく京都に移住し、喫茶店など様々なアルバイトをしながら、元Jr.とファンの集いとしてパーティーを数回に渡って開催。8,000円と高額ながら800人を集めたこともあるそう。

    その後、“KAZUO”名義で自主制作CD発売や、ライブ、バンド活動などを行い芸能界復帰。
    2001年からは浅倉一男(家庭の事情により現本名&芸名)として活動、現在は、俳優業を中心に、バンド“Red Rose”ではKAZUOとしても活動中。

    また、元Jr.の尾身和樹とともに、歌舞伎町でショットバー『Season』を経営しており、ファンや元ジャニーズのメンバーも来店する歌舞伎町の人気店になっています。

  • 川野直輝

  • ジャニーズJr.全盛期当時は、滝沢秀明・今井翼と共に「木曜の怪談怪奇倶楽部」に出演、「怪談トリオ」と呼ばれ、大人気でした。
    しかし、16歳でジャニーズ事務所を退所しています。

    その退所理由は、ドラムの勉強に集中するためだったようです。
    元々、ジャニーズに全く興味が無く、知人の応募でジャニーズ入りした経緯があります。
    昔から、ずっとドラムをやりたかったそうで、Jr.デビュー当初のバックダンサーから、バックバンドに移行していったのもその気持ちが強かったからのようです。


    ジャニーズ退所後、10代後半は地元で様々なアマチュアバンドを結成して活動、2002年に「役者としての素質がある」と言われ、俳優兼ミュージシャンとして芸能界に復帰、同じ時期に元々友人であった、俳優の山崎裕太さん、ギタリストの鮫島巧さん、ベーシストのKenKenさんと共に『STARS』を結成しメジャーデビューしていますが、活動休止しています。

    現在はドラムの講師、役者として活動中です。
  • 穴沢真啓

  • ジュニアの中でも、人気を博していたメンバーのひとりで『それ行けトリオ』としても活躍、デビューも間近と言われていました。

    ジャニーズ退所の理由は、前述の週刊誌報道による懲戒解雇です。
    ジャニーズ事務所を退所後は、芸能界も引退し、一般人となっています。そのため全くと言っていいほど、ジャニーズ退所後の情報がありません。

    一部のファンの情報によると、
    2009年から2011年にかけて、『神奈川県の国道1号線沿いのガソリンスタンドで働いていた』という目撃情報が複数あり、名札に「穴沢真啓」と書いてあり、そのうえに「所長」と書いてあったそうです。
    しかし、2011年以降にガソリンスタンドでの目撃情報はありませんので、転職したのかもしれません。

    また、既に結婚して子供もいるようです。
  • 秋山純

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連する記事

スポンサードリンク

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

スポンサードリンク